吉向窯 そら豆の箸置き 通販 販売 取扱店




吉向窯 そら豆の箸置き


京焼の名人たちに作陶を学び、1801~1804年に大阪十三村にて十三軒松月として創業。徳川11代将軍家に亀の食籠が気に入られたことから、亀甲にちなみ吉向の窯号を賜ったことが吉向窯の由来です。

吉向焼は、大阪で唯一現代に残る焼物で、ボストン美術館にも30点ほど作品が収蔵されています。

美味しそうな形をしたそら豆の箸置きは、石炭層を含む独自配合の土で成型し、1000度で素焼きした後、刷毛で釉薬と色土を手塗りします。同じ土で土台を作ってから本焼きするため、底面にも色が付いています。一点一点風合いが異なり、実に味わい深い箸置きです。




お客様のご感想・レビュー・口コミ・クチコミ



■先日は大変お世話になりました。年に一度のそら豆の季節に、ほぼ毎日、吉向窯 そら豆の箸置きを使って、日本人ならではのささやかな心の贅沢をさせてもらっております。そら豆の箸置きといっても、鑑賞に堪えうる作品といえるものはそうそうありません。色形の素晴らしさに加えて、箸置きとしての大きさ、箸を置いたときの安定感も満足です。小さなフォークレストとして使うと、オブジェっぽさが際立ちますし、お膳におけば、鰻重定食が五月の薫風の風情になります。七月いっぱいは使って楽しみます。そしてまた来年のそら豆の季節を待つ・・・。いいものです。素敵な商品、ありがとうございました。
千葉県 S様

■空豆の箸置き、思ってたとおり可愛くて満足してます、ありがとうございました。また機会がありましたら利用させてもらいます。
愛媛県 S.H.様

■可愛らしさに、気持ちが和らぎます。お箸を置きました際の安定感もよく、大変気に入っております。今後も、様々な商品を拝見しますのを楽しみにしております。このたびはありがとうございました。
東京都 Y.Y.様



Order

こちらの商品は通常1営業日以内での発送となりますが、在庫切れの場合は発送予定日をお知らせいたします。ギフト包装(無料)、熨斗(無料)をご希望の場合は、ご注文ページの備考欄にご記入ください。






手塗箸



女性の手との比較

女性の手との比較


本焼き前

吉向窯の工房


窯変の器用の窯焚き

窯変の器用の窯焚き


平茶碗手塗箸

平茶碗手塗箸


3.8寸汁椀手塗箸

飯茶碗大煎茶碗

吉向窯
そら豆の箸置き

個体差例1 個体差例2 窯変の器用の窯焚き動画

サイズ: 約W25xD36xH15mm
重量: 約18g
素材: 陶器

※釉薬中の結晶が溶けた部分は白くなっていることがございます。また一点一点濃淡や仕上がりが異なります。手仕事ならではの味わいとして何卒ご了承くださいませ。

価格: 1,100円(税込)

数量
※在庫がございます。





吉向窯

京焼の名人たちに作陶を学び、1801~1804年に大阪十三村にて十三軒松月として創業。吉向焼は、大阪で唯一現代に残る焼物で、ボストン美術館にも30点ほど作品が収蔵されている。





吉向窯
そら豆の箸置き

1,100円




ご利用ガイド     送料/お支払い     お問い合わせ     カートを見る

English     简体中文     繁體中文     한국어     Français     Español     Русский


© 2004-2021 Shokunin.com, Inc.